看護師転職サイトランキング
看護のお仕事 ● 全国最大級の約13万件の求人
● サポートが充実
求人を見る
ナースではたらこ ● 非公開求人の紹介あり
● 口コミ・サポートが充実
求人を見る
ナース人材バンク ● 年間10万人以上の看護師さんが利用
● 地域専任のコンサルタントが支援
求人を見る

看護師月収情報ー平均月収はいくら?

看護師の月収は地域によって異なっていますが、全国平均の看護師の月収は30万円台の前半であり、ボーナス等の一時金を含めた平均年収は400万円台の後半になっています。 看護師は女性割合が90パーセントを超えており、数多くの女性がこの仕事に従事していますが、他業種で働いている女性の平均月収に比べると高収入であり、女性の職業としては収入面ではとても恵まれています。 この仕事が高収入を得られる理由としては、病院等の医療機関は慢性的な人手不足の状態が続いており、売り手市場になっているためです。またこの仕事に従事するためには国家資格が必要になり、国家資格を取得していない人はこの仕事に従事できないことも、高収入を得られる理由の一つになっています。 公立病院や国立病院でこの仕事に従事している人は、地方公務員や国家公務員になり、給与や待遇などは公務員待遇になりますので、民間の病院で働くよりも高収入が得られる場合があります。

看護師月収情報ーパートの時給はいくら?

医療現場の中核スタッフである看護師は、診療を円滑に行うために不可欠の存在です。一方で介護施設や一般企業における需要も昨今では高まっており、高齢化の進展に伴う患者数の増加もあって、医療現場の看護師は慢性的に人手不足の傾向にあります。 このため、各病院とも即戦力の確保に躍起になっていますが、募集しているのはなにも正規雇用の者ばかりではありません。パート雇用の者についてもあわせて募集しているのです。 さて、パートというと正規雇用と比べて給与や待遇面で劣るのが一般的であるため、就業形態としては敬遠されがちですが、看護師の場合は、その専門性から他の職種と比較してそれほど待遇が悪くない状況です。全国平均の時給は1500円であり、他の職種と比べれば圧倒的に高く、月収も勤務時間が長ければそれなりのものとなります。もちろん社会保険完備が大半である他、一部の病院ではボーナスの支給もあるくらいです。 残業や夜勤なしの勤務形態も選択できますので、出産などでブランクのある場合の復職には最適と言えます。

看護師月収情報ー40万って本当?

一般的なサラリーマンと比べて、医療従事者の給料はかなり多いとの情報が各サイトで散見され、それは確かな情報として多くの人が認識しています。 看護師の月収が40万くらいあるのはもはや常識であり、大都市の大病院クラスになるともっともらっているケースもあり、独身で30代くらいの人なら、年間無駄使いをしなければけっこうな財産になるでしょう。 給料だけで働く場所を決めるわけではありませんが、都市部の病院は設備も整っており、働く場所として申し分のない環境が整っているので、そこで10年くらいキャリアを高めるのも悪いことではありません。 看護師の月収が40万くらい出るのは、もちろん病院でそれだけの仕事をしているからで、彼らがいかに過酷な環境の中でハードな仕事をしているかがわかります。 夜勤があって急患が入れば仮眠もとれない環境の仕事は、警察官などと比較してもどっこいどっこいのハードさです。ただ、給料がいいのと社会的にやり甲斐があるので、若くして辞める人は少ないでしょう。

看護師月収情報ー正社員の月収はいくら?

看護師の月収は病院によってさまざまですが、正社員ですと平均20~30万で設定されている場合が多いようです。看護師は病院で働く中でも、比較的高収入の職種です。 病院に勤めようと考えている方は、月収にこだわり過ぎず、年に2回支給されるボーナスにも注目をするべきです。ボーナスが全くないところもあれば、ボーナスは高く設定されているところもあり、給料体制は病院によってさまざまです。やはり、ボーナスをもらえるほうが、大きなお金を一気にもらうことができるので、自分へのご褒美として何かを買ったり、貯金したりもできます。そして、何より喜びが大きいです。 病院は他の一般企業に比べて、必ずしもボーナスを支給しているわけではないので、しっかりと調べておく必要があります。病院は数多く存在するので、職場の選択肢は幅広いです。 また、これから求職活動をする方は、お金も大切ですが、仕事のやりがいがあるかどうか、制度や手当などもしっかり下調べすることをお勧めします。

看護師月収情報ー准看護士

病院や診療所では、患者の治療を行うためのスタッフが常駐しています。看護活動を行うスタッフとして、准看護師がいます。この職業は、看護師に比較すると従事する事ができる内容に制限があります。しかし、実際の医療現場では、ほとんどが同じ内容の看護活動を行っているのが現状です。 その一方で、月収では両者に数万円の差が生じます。これが年収となると、大きな差につながります。この事から、准看護師として看護の現場で働いている人は、さらなる給与の向上を求めて資格取得に乗り出す人も多いです。また、こうした待遇の差ができるだけなくなるような努力が、医療現場ではされています。 働く内容次第で、受け取る給与が決まることで、働く看護スタッフも納得して働く事ができます。 当面は、資格の取得のしやすさと労働によって得られる月収の差を比較した上で、どの方面での看護の仕事を選ぶかという事が、今後の働き方の方針を大きく左右することにつながります。

看護のお仕事

非公開求人紹介
正社員
派遣
無料相談
電話・メール

ナースではたらこ

正社員
無料相談
電話・メール

マイナビ看護師

正社員
無料相談
無料体験
電話・メール
カテゴリー: 看護師 月収