看護師転職サイトランキング
看護のお仕事 ● 全国最大級の約13万件の求人
● サポートが充実
求人を見る
ナースではたらこ ● 非公開求人の紹介あり
● 口コミ・サポートが充実
求人を見る
ナース人材バンク ● 年間10万人以上の看護師さんが利用
● 地域専任のコンサルタントが支援
求人を見る

看護師の給料平均情報ー手取り

看護師は比較的他の職業に比べて給料が高く設定されている場合が多いです。また、女性でも高収入を得ることができる職種でもあります。そこで、給料平均や手取りはどれぐらいかといいますと、平均で月25~30万くらいであると言われています。給料は学歴や経歴、また務める病院や診療所、クリニックによって若干の違いはあるものの、女性でもこれだけ高収入を得られる職種は、なかなか存在しないのではないかと思います。 それだけ高収入である理由の一つとして、肉体的にも精神的にも強くなければ、看護師の仕事は続けていくとこはできない職業です。看護師は病気の人を助ける重要な役目を果たす職種です。少しのミスが大きな医療ミスに繋がり、患者さんの命にかかわってくるかもしれない、また入院病棟では、多くの重症患者を毎日目の当たりにして仕事をしていかなければならないのです。 仕事をするにあたり、やはり人相手の仕事は神経も使いますし、責任はとても大きいです。給料が高い理由はそれほど大きな責任を負わなければならないからです。 これから将来の夢を決める学生さんは、自分が本当に就きたい職業を今一度考えてみるべきであると思います。

看護師の給料平均情報ー所得

平成24年度の看護師給料平均は、年収が471万円、平均月収が33万円、平均時給が1,969円となっています。また、年間ボーナスなどは84万円となっており、男性の人数の割合が全体の7.3%、女性の割合が全体の92.7%となっています。 平均年齢は34.6歳と若く、平均勤続年数は6.0年、復元労働者数が43,150人となっています。総労働時間は月に167時間です。 男性の平均所得は488万円、女性の平均年収は470万円となっており、年齢によっても平均年収は変化していきます。 20歳から24歳までの男性正看護師の場合の想定年収は3,703,200円、女性正看護師は3,796,400円、男性准看では2,138,100円、女性准看では2,764,500円となっており、女性の想定年収のほうが高い結果となっていますが、25歳から29歳の想定年収から、男性の想定所得のほうが女性の想定所得を上回る結果になっています。

看護師の給料平均情報ー新卒

新卒の看護師の年間給料平均は341万円で、民間企業の平均250万円と比べると非常に高いです。地域や病院の大きさ、経営状態によって給料の額は大きく左右されますが、一般的に高いといえるでしょう。看護師と准看護師、勤務形態によっても違いがあります。高収入やキャリアアップを目指すなら、看護大学や大学の看護学科で国家資格を取るのがいいでしょう。 都道府県別に見て、平均年収がもっとも高かったのが奈良県で399万円、以下千葉県、岐阜県、静岡県、茨城県とつづいています。もっとも低い青森県は279万円ですので、地域によって大きく差があります。 病院やクリニック、介護施設、一般企業などさまざまな職場で働くことができますし、パートやアルバイトといった形態で働くこともできます。 残業があったり、急な呼び出しがあったりして大変な仕事ですが、その分やりがいもあります。年齢制限もとくになく、長く働くことのできる仕事なのでそういった点でも魅力があります。

看護師の給料平均情報ー大学病院

看護師という職業は専門職になりますので、女性でしたら一般の職業の方よりは年収が高めであると言えます。就業場所は医療の現場、個人経営のクリニック、公立の病院、民間の病院、大学病院ですが、このなかで大学病院は求人人気が高いです。 こちらの現場で働けますと他の病院よりも、幅広い症状の患者さんの治療に携わることができ実務のキャリアが積め、看護師の教育に関して研修を設けているなどバックアップも整っていますので、仕事をするうえで魅力的な職場であるので志望する方が多くいらっしゃいます。 年収は大きめな公立の病院、民間の病院ですと十年以上の勤務をしている場合で630万程度が平均年収であり給料平均は40万程度です。大学病院ですと高いと思われがちですが、同じようなベテランの看護主任クラスでも600万程度で一般の病院より高いというわけではありません。役職のない看護師クラスでの給料平均は30万程度で年収は400万程度で、やはり高いは言えません。 給料は高くはありませんが、長く医療の世界で身を置き続けるのであれば、深い知識と技術が学べる現場はメリットが高いです。

看護師の給料平均情報ー初任給

看護師の初任給は他の職業の給料平均と比べても高めで、だいたい25~30万円ほどだとされています。年収では390万円ほどから始まり、50~54歳ごろには最高550万円ほどに上がります。他の女性労働者は60歳の定年後300万円ぐらいまで低迷していく反面、看護師は平均年収400万円ぐらいをキープする傾向があるので最初から最後まで給与に関しては恵まれていると言えます。 ただ、職業柄ハードスケジュールが続きやすく、人材不足という現状もあり、初任給が高いのはそれだけ心身に負担がかかるからだとも受け取れます。他の女性労働者が入社してから研修などを受けてゆっくり育成されるとすれば、看護師は率先力としていち早く現場に適応することを求められます。よってベテランと同様に扱われることも少なくなく、高い給与は妥当ともいえます。また、夜勤などの手当が給料平均を押し上げていることも事実で、初任給自体が平均的でも手当のおかげで高くなるのです。

看護のお仕事

非公開求人紹介
正社員
派遣
無料相談
電話・メール

ナースではたらこ

正社員
無料相談
電話・メール

マイナビ看護師

正社員
無料相談
無料体験
電話・メール
カテゴリー: 看護師 給料平均