看護師転職サイトランキング
看護のお仕事 ● 全国最大級の約13万件の求人
● サポートが充実
求人を見る
ナースではたらこ ● 非公開求人の紹介あり
● 口コミ・サポートが充実
求人を見る
ナース人材バンク ● 年間10万人以上の看護師さんが利用
● 地域専任のコンサルタントが支援
求人を見る

看護師年収情報ーバイトの時給はいくら?

高齢化の進展に伴う患者数の増加などにより、医療現場の負担は年々増しています。こうした状況であるにもかかわらず、現場の中核スタッフとなる看護師は、慢性的に不足しており医療における課題の一つになっているところです。 各病院は円滑な診療のため、優秀な人財確保に躍起になっており、正規雇用のほかバイトの形態でも広く募集を行っています。 さて、バイトというと正規雇用の場合と比べて収入面や待遇面で劣るというのが一般的ですが、こと看護師の場合は人手不足が顕著であるため、それほど悪い待遇ではありません。 例えば全国平均の時給は1500円であり、これば一般的な職種の時給と比べて圧倒的に高いものです。夜勤や残業が無く、勤務時間が短くても年収や月収は、他にメインとなる収入があるなら必要十分な金額となります。 また、気になる社会保険などもある程度の勤務時間があるなら具備されることが多く、場合によっては正規雇用よりは少ないものの賞与が出る場合もあります。

看護師年収情報ー実際に年収はいくら?

仕事を選ぶ上で重要なポイントであるのは、どの程度の収入を得る事ができるかという点です。たとええやりがいある仕事であったとしても、生活を続けるのに厳しい収入では、その仕事を続けることは難しくなります。 また、能力や労力に見合った収入が得られる必要があります。そこで、看護師として仕事をすることを目標とする人にとって、実際に年収はいくらであるのかは重大な関心ある点です。実際の年収は、直接看護師本人に聞くのははばかられる面があります。 過去の平均年収としては、統計上ではボーナスを含め450万円以上といった数字が挙がっています。勤務環境や労働契約の内容などによって、実際には受け取る事ができる額は大きく違いがあります。 残業や夜勤といった各種の手当てが付随した場合には、他の職業よりも高い収入が得られる可能性があります。労力とそれに見合った給料が支払われることになるため、そのバランスをとる事も重要になってきます。

看護師年収情報ー助産師

助産師は看護資格を取得した後に養成所で教育を受け国家試験を受けて合格すると得られる国家資格です。 仕事としてはお産の介助や妊娠関連の知識の普及が主な仕事内容です。診療所や病院、助産院などが主な働き場所ですが、少子化の影響からお産の回数が減る中で病院で働く助産師は一般の看護師と同じ仕事をすることが増えています。 助産師の給与は看護師よりも資格手当てが5,000円から10,000円付くので高額になります。分娩手当が付く場合もあり、同じ病院に勤める一般の看護師よりも年収も必然的に高くなります。 大きな特権として助産院を自分で開業する権利が認められ、自分がオーナーとなって独立することができます。経営者としての資質も問われるため、安定した収入を得るの難しい面もあり、病院に勤めるよりも平均年収が低くなることも多いようですが、金銭面だけでなく、自分の資格を生かして理想の産院を経営することはやりがいも大きくなります。

看護師年収情報ー30代の年収

30代の看護師はライフスタイルの変化などで、働き方に個々の大きな違いが現れる時期といえます。結婚や出産、子育てなどにより、夜勤のない病院への転職やパート勤務などに働き方を変えることが多く、そういったことが給与に反映される結果となっています。20代よりも年収が少なくなることも多く見られます。 しかし、年齢別の30代の平均年収は500万円程と20代より100万円程多くなっています。同年代の女性と比べると収入が高いことがわかります。20代よりも変化の大きい時期ですが、看護師としてのキャリアや資格取得による手当てが出るようになるこが大きな要因となっています。 看護師不足から勤務体制に融通が利く医療機関も多くあり、24時間保育が可能な保育所を併設した病院や病床保育や育児休暇などの働きやすい環境を整えた医療機関も増えています。 子育てとキャリアアップ、年収アップを実現しながら働くことが可能な仕事となっています。

看護師年収情報ー40代の年収

仕事に従事する目的として強い動機となるのは、得られる収入の点です。その額の目安として、年間に受け取る事ができる年収額がどの程度になるのかは、労働者の重要な関心事です。看護師が厳しい職場で勤務が続けられるのも、仕事のやりがいや患者との触れ合いのほかに、仕事に見合った収入があるためです。 看護師の中でも、40代の人たちの年収は、人それぞれに大きな差があります。40代となると、看護婦長などの役職についている人も多く、それに応じて得られる年間の収入に大きな差が生まれます。 キャリアを積み重ねて、責任ある役職に就いている40代の看護師のケースであれば、年収が1000万円を超えるということもあります。 医療現場での仕事を一生のものにするのであれば、長い目で見たキャリアアップの計画を実行することが有効です。その成果が多くの収入をもたらしてくれます。20代や30代の時代からの積み重ねにより、その後の収入の結果として表れます。

看護のお仕事

非公開求人紹介
正社員
派遣
無料相談
電話・メール

ナースではたらこ

正社員
無料相談
電話・メール

マイナビ看護師

正社員
無料相談
無料体験
電話・メール
カテゴリー: 看護師 年収