看護師転職サイトランキング
看護のお仕事 ● 全国最大級の約13万件の求人
● サポートが充実
求人を見る
ナースではたらこ ● 非公開求人の紹介あり
● 口コミ・サポートが充実
求人を見る
ナース人材バンク ● 年間10万人以上の看護師さんが利用
● 地域専任のコンサルタントが支援
求人を見る

看護師年収情報ー公務員

看護師は、看護技術を活かして仕事に従事する働き方です。そのため、看護ケアを必要としている職場で、仕事先を見つける選択肢があります。 その働き方の傾向として、民間の医療施設に勤める場合と、公務員の立場で働く方法があります。国や都道府県が運営する医療施設で勤務する場合、公務員看護師として職場で勤めることになります。そのことから、得られる収入も民間とは異なった傾向があります。 民間の医療施設の場合、施設の規模によって大きな年収の差があります。大きな経営規模を持っている民間病院であれば、公務員の看護職として働くよりも、多くの年収を得る事も可能です。しかし、勤める民間の医療施設の規模が小さい場合には、今度は年収の面で有利に働きます。 規模に左右されず安定した収入が得られる職場を選ぶのであれば、国や都道府県の病院などの医療施設を選ぶ事が、看護師の働き方として有効な判断です。そうすれば、納得がいく収入を得て勤務に従事できます。

看護師年収情報ー公立

公立病院とは地方公共団体が運営する市立病院や町立病院を指し全国で4500もの病院や診療所があります。 公立病院で働く看護師は地方公務員として地方自治体から支払われるため、大きな差はなく、全国平均で約18万円程です。他の私立の医療機関よりも高い訳ではありませんが、諸手当が付くことが大きな特徴です。この諸手当は地域手当として全国のどこにいても同じ水準で暮らすための手当てとして支給されています 公立病院で働く1年目の看護師の平均的な年収は約420万円程で、他の私立の医療機関で働く看護師の平均年収よりやや高くなっています。近年の財政難や勤務医の減少などの問題から、規模の縮小や譲渡が行われたため病院数は減少傾向にありますが、地域からの信頼も厚く、安定した収入や福利厚生に厚いことから就職先として根強い人気があります。 人気の高い地域の病院での就職は、売り手市場といわれるこの業界の中でも狭き門となっていますが、地域格差が大きいく人員不足の病院もあるので、正確な情報収集が大切になります。

看護師年収情報ー看護師の年収推移

看護師は大変な仕事ですが、女性の平均年収と比べて給料水準はかなり高いです。また高齢化で介護施設など病院以外でも必要とされることが多くなっていて、需要も高いです。一度引退してからも復職が容易で、高収入が期待できることも魅力です。 20歳から24歳までの平均月収は約29万円で、32歳から36歳の平均月収は約34万円です。役職につくかどうか、どこで働くかなどによって月収は大きく変わりますが、基本的に大幅なベースアップはしません。 看護師の年収の推移は基本的には穏やかですが、夜勤や残業などの変動給の割合が高いため大幅に年収がアップすることがあります。推移の大きい職場としては病院や美容クリニックがあげられます。病院によって夜勤の回数が違っていたり、美容クリニックは一般的に他のクリニックより給料がいいと言われているためです。 給料をアップしたいと思ったら、基本給の高い職場や夜勤の多い職場に転職することをおすすめします。

看護師年収情報ー夜勤なし

看護師は、職場選びの点で自身の希望する働き方ができる場所を、優先して選ぶべきです。そうでなければ、その仕事を続けるという事が辛くなり、やがては仕事だけでなく生活も上手くいかなくなる可能性があります。 そのため、看護師の求人情報について、その内容を厳選してピックアップした上で、応募することが大切な点です。 看護師の職場では特に病院施設で、患者へのケアの必要性から夜勤の仕事が必要になる場合もあります。しかし、家庭など各種の事情から、夜間に勤務する事が難しいという事はあり得ることから、夜勤なしの条件を持った求人案件を選ぶ事は意味があります。 確かに、年収にとって夜勤の手当は大きなプラスであることから、夜勤無しの仕事を選ぶことで得られる年収に差が出てきます。しかしそれでも、今後とも長く仕事に従事することを考えるならば、年収と労働環境の互いの利点を考慮した上で、夜勤なしという働き方も選ぶ事が選択肢にあります。

看護師年収情報ー民間

看護師として働くには、仕事のやりがいはもちろんのこと、収入の面も強い関心の対象です。働き先となる職場は、公務員として公の医療機関などで働く方法がある他に、民間の医療施設などで働くことも方法の一つです。その場合に得られる年収の傾向がことなることに注意が必要です。 民間の看護師の収入は、初任給は公務員よりも高い傾向にあります。しかし、公務員の場合には、長く務めるに連れて年収の増加幅が大きい特徴があります。また、公立の医療機関では、ボーナスが高めである傾向にあり、その額の差が結果として民間と公務員の年間の収入の差につながります。 そのため、医療機関などの求人を探す場合には、初任給だけでなく、今後の年収額がどの程度になるのかなど、トータルでの収入の額の差を見越した上で選ぶ事が必要です。 もし務めている職場で、その年間の収入の額に納得がいかない場合には、新たに看護師として働く事ができる医療機関に転職することも手段の一つです。

看護のお仕事

非公開求人紹介
正社員
派遣
無料相談
電話・メール

ナースではたらこ

正社員
無料相談
電話・メール

マイナビ看護師

正社員
無料相談
無料体験
電話・メール
カテゴリー: 看護師 年収