看護師転職サイトランキング
マイナビ看護師 ● 細かな要望にも対応
● 厚生労働省認可の転職サイト
求人を見る
看護のお仕事 ● 全国最大級の約13万件の求人
● サポートが充実
求人を見る
ナースではたらこ ● 非公開求人の紹介あり
● 口コミ・サポートが充実
求人を見る

看護師の平均年収情報

病院や介護施設等、医療の最前線で働く看護師の平均年収は、同世代の一般的な給与所得者と比べれば高めとなっています。しかし、実際に個々の事例を見ていくと、基本給が大幅に高いというわけではなく、その背景には残業や夜勤を中心とした所定外労働の結果が大きく反映されていることが少なくありません。 例えば、大学病院や総合病院などの大規模病院は、急性期の患者の受診が非常に多く、結果としてこうした病院で勤務する看護師は、夜勤や残業などをかなり多くこなさなければなりません。大病院勤務者の平均年収が高くなる背景には、基本給だけでなくこうした勤務実態があるのです。 一方、安定期の患者を扱う療養病床中心の病院や介護施設等の場合、急性期の患者はおらず安定期の患者ばかりとなるため、勤務時間も固定的であり、残業や夜勤の発生も大病院ほど多くありません。 このため、こうした病院及び施設で勤務する看護師は他の病院と比べて平均年収が低くなります。

看護師の平均年収ーパートの給与はいくら?

看護師の平均年収は他の職種に比べて高く設定されています。女性でも一軒家が建てられるくらいまでの収入があると言われています。 では、結婚した後にパートタイムとして働くようになった方はどうかといいますと、やはり他の事務職のパートタイムに就かれる方より断然時給が高いです。また、パートタイムでも求人雑誌などに沢山記載されているので、求職もそれほど困ることはないのではと思います。それだけこの資格は一生使えるものでもあるのです。 また、正社員のように1日中働かなければならないわけではないので、都合のいい日時や時間帯を選び、育児をしながら専門分野で働き続けることができるので、一回他の病院を退職してしまっても、仕事内容はさほど変わりがないので、また1から覚えなおしたり、勉強しなおす必要もないのです。 女性が育児をしながら働ける職種はやはり手に職である看護師です。仕事を一生続けたい、人の役に立ってやりがいを感じたいという方は看護師になることも視野に入れてみるのもいいのではないかと思います。

看護師の平均年収ー40万って本当?

看護師の平均年収は471万円くらいであり、業種の中ではそれほど低くはない水準であるといえます。平均月収は33万円くらいであり、勤続年数に応じて40万円ほどの方々も多くいます。 ただし、月に40万の月収を得るには、病院での病棟勤務でさらに夜勤も行わなければならないといえるでしょう。通常の日勤だけではなかなか月40万の収入を得ることがは難しいと考えられます。 しかし、病棟の中でも師長などの役割、あるいは主任などの組織の中での昇進があれば、40万の月収には届くと考えられます。 また、認定看護師や専門看護師、助産師などさらに資格を取得して、ステップアップを図ることができれば、収入を増やすことができます。 最近では、一つの組織の正職員としてだけではなく、派遣やアルバイトをいくつか掛け持つことで収入を得るパターンも増えているようです。もともとの自給が高いだけに、働き方次第では高収入を得ることができ、時間も自分の都合で組み合わせることができ、自由度が高まります。

看護師の平均年収ー正社員の平均収入

資格重視といわれる時代ですが、とかく医療業界は人手不足といわれています。 そんな需要が高い看護師の収入はどれくらいなのでしょう。資格が必要であり、仕事も責任のある仕事が多いため、一般の会社員よりも高いことが多いです。平成24年度の平均年収は471万円、一方サラリーマンである正社員の平均年収は408万円。約70万円近い差があるにもかかわらず、サラリーマンはここ数年、毎年平均年収が下がってきていますが、医療業界での仕事は何年も年収が大きく変化することはありませんでした。 このようなことを見ても、看護師は一般的なサラリーマンと比べて収入が良く、不況に影響されにくい職業と言えるでしょう。 また、同じ医療業界でも個人病院と総合病院では収入の差があり、勤務体制の違いもあります。総合病院などで病棟での夜勤などが多い職場では、収入も高くなる傾向がありますが、時間の余裕は少なくなります。逆に個人病院などでは若干収入は少ないかもしれませんが、時間的にも余裕が見られるため、ご自身にあった職場を見つけるのが大切と言えるでしょう。

看護師の平均年収ー准看護士

看護師と准看護師の平均年収はどれくらい違ってくるのかといいますと、月に3万から多くて10万の差がでてきますので、年に40~120万程の差がつくことになります。 やはり勉強量が違ってきますので、それだけ知識や実習経験が違ってきます。比較的准看護師のほうが早く資格を取得することができますが、十分に勉強して仕事したいのであれば全てを学べる学校に通うべきではないかと思います。 実際に病院や診療所では、資格を制限しているところもあるようです。なので、まだ若い方で将来の仕事を考えている方は、4年生大学でじっくり勉強をし、実習を積み重ねるのが1番ではないかと思います。 働きだすと、勉強に時間をあてることが困難です。学生のうちに自分の携わりたい職種をしっかりと考えておき、そのためにはどのような学校に通うべきかが見えてくるのではないかと思います。 仕事をするにあたり、給料がしっかりともらえると、それだけやりがいにも繋がるからです。

マイナビ看護師

正社員
無料相談
無料体験
電話・メール

看護のお仕事

非公開求人紹介
正社員
派遣
無料相談
電話・メール

ナースではたらこ

正社員
無料相談
電話・メール

医療ワーカー

非公開求人紹介
正社員
派遣
無料相談
電話・メール
カテゴリー: 看護師 平均年収