看護師転職サイトランキング
マイナビ看護師 ● 細かな要望にも対応
● 厚生労働省認可の転職サイト
求人を見る
看護のお仕事 ● 全国最大級の約13万件の求人
● サポートが充実
求人を見る
ナースではたらこ ● 非公開求人の紹介あり
● 口コミ・サポートが充実
求人を見る

看護師の平均年収ー30代の平均収入はいくら?

30代の看護師の平均年収は、前半でおよそ450万円、後半でおよそ480万ほどです。 月収に換算するとおよそ30万円ほどで、ボーナスは年間で80万前後であることが多いです。 この給料は同じ年齢の男性とほとんど変わりありません。つまり、看護師の資格をもって仕事をすれば、一家の大黒柱として家計を支えることができるのです。 この仕事につくためには、看護系の専門学校や高校を卒業し、国家資格に合格しなければなりません。しかし、専門学校を卒業していればその合格率は9割を超えるため、転職やあらたに手に職をつけたい人が多く通学して資格をとっています。 年収が高いもうひとつの理由は、夜勤など不規則な勤務体制であるためです。夜勤手当がつく場合は当然それだけ給料も高くなります。しかし、医療はどんどん最新のものとなるため、仕事をしながらも新しいことを覚えたり、勉強したりしなければならず、精神的にも肉体的にも大変なしごとです。

看護師の平均年収ーあなたの年齢の平均収入はいくら?

一般会社でも入社から年数がたてばたつほど会社にとって重要な人材と認められ、もらえる給料の額は上がっていきます。 医療分野でも同じことがいえるので、年齢ごとの看護師の平均年収を見てみると、50代が一番多く、20代は少ないのが相場です。それは、経験や知識、やれる仕事の範囲などが密接に関わっているので、ひとつひとつ見ていくと、その内容に説得力があるとすぐにわかります。 地域別に見ていくと、年齢ごとの看護師の平均年収がちょっと変わってくるのもわかるでしょう。都市化が進んでいる場所は大病院などが多く、給料も比較的高くなり、仕事量も増えるので、働き盛りの30代くらいになるともっといい条件の病院を探して転職をしていきます。 どれくらい年間でもらうかは、30代くらいでだいたい400万から500万ですから、仕事量の割にはあまりもらっていないこともわかるはずです。 医療の分野は社会的な意味もある重要な面があり、そこで働く人の値打ちはお金だけでは測れません。

看護師の平均年収ー仕事量は同じなのに収入が違う?

現在、看護師の仕事は、病院だけでなく、福祉機関や保育所などの、人が集まる場所には必要とされています。 看護師は、平均年収が高いとされていますが、金額は実に様々で、日勤体のみか、夜勤などが出来るかも、金額に大きく左右されます。 実際、福祉機関で働く者は、勤務先の管理者などよりも高給取りだと言われています。勤務先によりますが、医療技術を要することは ほとんどなく、入浴や排泄物介助のみの仕事であったとしても、給与は高額だとされています。 看護の資格は大変有利なものです。高齢化に伴い、医療の現場、または医療を必要とされている現場において、大変必要とされます。 同じ内科であっても、勤務地や勤務時間の体制によっては、格段に給与は変わります。ボーナスの金額も、医療法人によって変動があり、総合病院などは高額であるとされています、ピンからキリまでだと言われる看護師の仕事は、平均年収の変動もあり、きちんとした機関選びが必要とされます。

看護師の平均年収ー残業手当はいくら?

看護師の平均年収は500万と言われています。これは女性の平均年収の2倍にあたる金額で、その年収の高さには看護師という職種の大変さやつらさもプラスされていますが、それに見合った良い値段と言えます。 ちなみに残業手当はなんと病院によって出ないところもあるそうです。事故はいつ起こるかわからないし、一分一秒とも気を許せない場所で残業はつきものだと思うのですが、病院によって残業手当がでないとなればタダ働きになってしまいます。 日本人の良いところはそこで職務を放棄したりせず、患者さんのため、つまり他人のために頑張れるところです。しかし、自分の身は自分で守らなければ誰が守るのでしょう。いくら他人のためとはいえ、残業代がでない病院には請求すべき、もしくは手当の良い病院へ移動するべきです。 もし正当に残業代が出る病院であれば、平均年収の500万プラス残業代で驚くほどの高収入を手に入れることができるでしょう。看護師はその点で良い職業だと言えます。

看護師の平均年収ー転職で給与アップ?

看護師の平均年収は他の職種に比べて比較的高収入であることが多いです。さらに、給与アップも期待することができます。 しかし、転職をしてさらに給料が高いところを探してみるのも一つの手だと思います。実際大学病院などで3年以上経験を積んでいる看護師は、給与も高く設定されて待遇され、採用される場合が多いです。診療所やクリニックもそのように大きな病院で働いたキャリアを持っている方のほうが、病院の現状を知っているので、採用したいと考えているところが多いからです。 夜勤がなくても、給料が高く設定されているところも少なくはないです。実際、診療所のほうがさまざまな仕事をしなければならないので、働く時間が少なくても高収入となっているのです。 大きな病院で働いている看護師の方も、夜勤で体力的に大変という方は、診療所やクリニックなどの夜勤がないところへの転職も視野に入れてみるのもいいと思います。早いうちに探しておくことで、育児などで大変になったときに転職を考えなくてもよいからです。

マイナビ看護師

正社員
無料相談
無料体験
電話・メール

看護のお仕事

非公開求人紹介
正社員
派遣
無料相談
電話・メール

ナースではたらこ

正社員
無料相談
電話・メール

医療ワーカー

非公開求人紹介
正社員
派遣
無料相談
電話・メール
カテゴリー: 看護師 平均年収