看護師転職サイトランキング
看護のお仕事 ● 全国最大級の約13万件の求人
● サポートが充実
求人を見る
ナースではたらこ ● 非公開求人の紹介あり
● 口コミ・サポートが充実
求人を見る
ナース人材バンク ● 年間10万人以上の看護師さんが利用
● 地域専任のコンサルタントが支援
求人を見る

看護師給与情報ー平均給与はいくら?

看護師の平均給与は年収に換算するとおよそ470万円です。 一般的な女性の平均年収が200万円であるため、看護師の場合はその2倍以上のものとなります。 これだけ高いのには理由があり、ひとつは専門職であるということです。この仕事につくためには、看護学校などの専門的なことを学ぶことができる学校を卒業したうえで、国家資格を取得しなければなりません。 合格率はおよそ9割であるため、手に職をつけたい人が、転職のために通うこともあります。 また、給料が高いもうひとつの理由は、ハードワークであるのと同時に、夜勤などの勤務手当がつくことです。クリニックや個人病院などでは、深夜勤務はあまりありませんが、大学病院や市民病院などの大きな病院に勤めると、それだけ手当も増えます。毎日立ちっぱなしで忙しい上、勤務体系も昼の勤務や深夜の勤務などばらばらで不規則なことがあります。ときには患者さんの苦情やクレームも聞き入れなければなりません。

看護師給与情報ーパートの給与はいくら?

高齢化社会の進展に伴う患者の増加などにより、看護師はいずれの病院でも不足しており、円滑な診療を行うため各病院ともに即戦力となる人材の確保に躍起になっているところです。 病院側としては、夜勤や残業が可能な正規雇用の看護師の十分な確保が最大の目的ですが、少しでも現場を円滑にするため、パートに関しても併せて募集するのが常となっています。 パートと聞くと待遇や給与の面で正規雇用に劣るあまりメリットのない雇用形態という印象が一般的には強い傾向にありますが、看護師の場合はデメリットばかりではありません。 例えば、残業や夜勤の縛りがないため、出産などを理由に第一線を退いた場合の復帰には最適です。給与についても確かに正規雇用の場合と比べれば低くはなりますが、専門職であるがゆえにその時給は、全国平均で1500円と一般的なパートの給与と比較すれば、大幅に高くなっています。気になる社会保険なども、一定時間以上働く場合は付加されることが多く、ボーナスが支給されることすらあるのです。

看護師給与情報ー月40万って本当?

仕事を探す上で、対象となる職業で得られる給料の相場を知っておくと役立ちます。看護師は、仕事の内容の特殊さや忙しさから、比較的給与の額が高い傾向にあります。しかしそれでも、月額40万円となるとハードルは高くなります。40万円以上の給与を目指すのであれば、高収入が得られる看護師の求人案件を選ぶ事が有効です。 救急医療などの業務が忙しい職場や、あるいは高度な看護技術を必要としている専門的な職場であれば、月額40万円以上の給与が得られる可能性はあります。 条件がよく、かつ高収入が得られる求人案件を見つけることは難しいとしても、求人情報をよく調べることによって、そのような看護師の求人案件が表れる場合があります。 職場との出会いは偶然であることが多いため、詳細に求人情報を調べた上で、貴重な求人案件を逃さないように確実な就職対策を行うという事が、良い条件の中で高い収入の求人案件を得るための手掛かりになります。

看護師給与情報ー正社員

仕事の勤務の方法には、正社員やパートタイムといった働き方の選択があります。それぞれの働き方によって、得られるメリットやデメリットがあります。看護師として仕事を探す場合には、どのような雇用契約を結ぶかによって、その後の収入にも影響が及びます。 正社員として働く上でのメリットは、収入が安定している点です。月給として給与が与えられるため、毎月安定した額が収入として得られます。 ただし、給与が安定している一方で、正規の社員としての責任が重い事も考慮に入れる必要があります。個人的な事情によって休暇を取るという事が難しく、時には家庭と仕事の両立に苦労する事もあります。 そのため、今後どのような人生設計を行っていくかによっても、看護師の正社員か非常勤で勤めるかの選択が必要です。どちらの働き方でも、対処の方法によって得られる収入の額が大きく変わるため、時々の事情に合わせた臨機応変な対応が、良い結果をもたらします。

看護師給与情報ー准看護士

看護師の資格は、「正看護」と「准看護」二つの種別に分かれています。 正看護師は3000時間以上の教育を受け、厚生労働省所管の試験を受け合格すると厚生労働大臣が交付する国家資格となっています。一方の准看護師は、1890時間以上の教育を受け都道府県の試験を受け合格すると都道府県知事が交付する免許です。 知識や技術の違い国家資格と知事免許の差がある事からも、給与に大きな下がることにも繋がっています。 専門医療を除いた現場での仕事内容には大きな違いが余り無く、関係者以外から見た場合その違いにも気が付くことは余りありませんが、待遇や給与には違いが有ることが珍しくはありません。 平均年収で見てみると、大きな病院などでは2~3割も違うことが多く同じ仕事をしている場合でも、資格の違いだけで給与に差が出ていることが今の医療現場での現状であると言えます。 個人病院など比較的小規模な医療機関では待遇などで大きな差があることが少なく、準看護でも働きやすい環境であるとも言えます。

看護のお仕事

非公開求人紹介
正社員
派遣
無料相談
電話・メール

ナースではたらこ

正社員
無料相談
電話・メール

マイナビ看護師

正社員
無料相談
無料体験
電話・メール
カテゴリー: 看護師 給与